格安スマホはどうやって選ぶ?

格安スマホ 最速
格安スマホは価格が安い一方で、国内・海外メーカーから様々な端末が販売されています。しかし、機種によって性能に差がありますので、こだわりたい方は慎重に選ぶことが重要です。でも、どのような点を見て選べば良いのでしょうか。格安SIMの選び方について詳しく解説していきます。

端末のOSバージョンと容量を確認

最初に確認しておきたいのが、格安スマホに搭載されたOSのバージョンと本体の容量です。OSは利用できるアプリに影響がありますし、容量は保存できるファイルの数やアプリの量に影響します。ただし、SDカードを利用する場合は容量にこだわらなくとも良いでしょう。

CPUとメモリの確認

端末のCPUとメモリもチェックしましょう。動作速度に影響するため、軽快な動作を希望する方はCPUが高性能でメモリ容量の多い端末を選びましょう。

カメラ性能も確認を

スマホのカメラを利用する方は少なくありませんが、格安スマホのカメラ性能は端末によりけりです。最低でも画素数を確認しておきましょう。500万~800万画素ほどあれば十分と言えますが、よりこだわるなら1,000万画素以上をおすすめします。

対応キャリアのチェック

その端末が対応している回線のキャリアも確認が必要です。格安SIM選びに影響しますので、必ずチェックしておきましょう。例えばdocomoに対応して格安スマホでは、Softbankauの回線を利用できません。

端末は慎重に選ぼう

格安スマホは選び方が重要です。性能が自分の好みでなかったり、回線が対応していないと、買い直す事態になりますので、スペックを確認して慎重に選ぶことをおすすめします。

格安スマホのメリットは?

格安スマホはへの切り替えを検討中の方、新規購入を考えている方もいらっしゃると思いますが、どんなメリットがあるかご存知ですか?実は様々なメリットを持っており、スマホの料金を大幅に下げられる可能性もあるのです。

本体価格が安い

格安スマホ最大のメリットが本体価格の安さです。機種にもよりますが、1万円~2万円ほどで本体を購入できるため、あまり費用をかけたくない方に向いています。性能の良い機種でも3万円程度のため、選択肢は非常に豊富です。

料金が安くて済む

月額料金の安さもメリットと言えるでしょう。データ通信と通話料金を含めた場合、通常は安くとも月5,000円程度必要ですが、格安スマホの場合は1,000円台から利用できます。普段通話が少ない方なら、料金を数分の1に抑えられるでしょう。
格安スマホ ゴールド

機種も多種多様

格安スマホはSIMフリー端末のため、多種多様な機種が利用できます。日本国内のものだけでなく、海外の端末も候補になりますので、好みのスマホを探してみるのも良いでしょう。

解約金の縛りがほぼ無い

格安スマホで利用するMVNOは、解約条件が優しい点もメリットです。長期間の縛りが存在せず、長くとも半年~1年ほどです。また、縛りが無いMVNOもあるため、気軽に乗り換えできることも魅力と言えるでしょう。

安くて便利な格安スマホ

格安スマホは安さが際立っています。月々のスマホ料金でお悩みの方は、乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか。今よりも費用が安くなる可能性もあるだけでなく、2台目が欲しい方にもおすすめです。サブ回線を検討中の方も、格安スマホにしてみると良いでしょう。

格安スマホは高い?安い?

格安スマホとして販売されている端末は非常に多くあります。でも、本当に値段に見合っているのか、使いやすいのかなど、不安を感じる方も多いのではないかと思います。確かに値段は安く販売されていますが、決して高いとは言い切れないのです。

格安スマホはリーズナブル

格安スマホの多くは2万円前後で購入できますが、リーズナブルな機種だと1万円少々で買うことが可能です。一般的なスマホが5万円・6万円することも珍しくないことを考えると、価格はかなり抑えられていると言えるでしょう。

高性能な機種も多い

また、格安スマホは安いだけではなく、最新機能を搭載している機種も少なくありません。最新OSや高性能CPU・メモリを搭載した端末もあるため、同性能を持つ他のスマホと比べても、コストパフォマンススの高さが際立っていると言えます。

格安スマホ スペック高い

買い替えが簡単

格安スマホはSIMフリーのため、もし買い替えたい時でも気軽に変更できるのが特徴です。SIMカードは変更せず、端末のみ変更すれば良いため、より使いやすい機種や動作の速い機種へ乗り換えることも難しくありません。

用途を絞ればコスパが良い

格安スマホはビジネス用や2台目など、用途を絞って利用すれば、非常にコスパが良いと言えるでしょう。買い足す場合でも少額で済みますので、出費を気にせず済む点がメリットとなります。

格安スマホは安さが魅力

格安スマホは端末料金・月額料金ともに安いのが魅力です。最初は戸惑うかもしれませんが、料金を節約したい方にはメリットが大きいと思います。決して高いとは言えませんし、格安スマホに乗り換えてみてはいかがでしょうか。

格安スマホを知るには格安SIMを学ぼう

格安スマホは、よくテレビでもコマーシャルでも流れています。あまり通話をしない人やデータ通信が少ない人であれば、やはり格安スマホに乗り換えてもいいかもしれません。

そんな格安スマホですが、必ずそれと対になって知る必要があるのが、格安SIMなのです。

格安SIMって何なのか?

あなたが今。使っているスマホにもSIMはセットされています。とはいっても普段はスマホに内蔵されていて目にすることはありません。

しかし、このSIMがないとスマホでの通話やインターネットの利用は全然できないのです。
このSIMは、audocomoSoftBankなどのキャリアで扱うスマホには最初から入っており、その機能として通話もインターネットも組み込まれたものとなっているのです。

格安スマホ ドコモ
格安スマホ ドコモ

格安SIMとは

そして、そのSIMに格安SIMが登場しました。キャリアと比べて低額の値段でSIMが扱えます。
ただし、格安となったのでSIMの機能がいろいろと制限がかかったのです。まずは、通話やインターネットといったデータ通信が利用できるSIMとデータ通信だけのSIMと分かれています。

通話やインターネットの利用できるSIMでも、実際には通話はかけた分だけかかるようになっていて、通話し放題でありません。データ通信も1Gまでなど制限もかかっています。そのぶん、料金は抑えられます。

そして、データ通信だけのSIMとなると、通話はできません。データ通信も量の制限があるというのです。

SMS対応もSIMで変わる

SMSも人によっては、よく使われる機能です。これもSIMをどれにするかによって使えるかどうか変わってきます。

このような格安スマホを使うときには、格安SIMについても学ぶ必要があるのです。

無制限で通信ができる格安SIMを選ぶためのポイントは

格安スマホを利用するということであれば、格安SIMを選んだうえで通信プランを選択する必要が出てきます。通信であれば月に使用するデータ容量に限りがあるプランと無制限で通信ができるプランの大きく分けて2パターンがあります。通信速度が遅くなる可能性がある

無制限で通信ができるプランというのはデータをたくさん使用することができるために、動画を良く利用する人にとってふさわしいプランに当たります。ただ、このプランの場合はたくさん使ってしまったとしても、売り上げが上がるということはありませんので、一定のところで通信速度を下げるという可能性があり得ます。通信速度が下がるとはいっても、動画の普通画質であればストレスなく見ることは可能です。

無制限プランが必要なほどデータを使うのかを確かめる

無制限プランを利用する人の多くがデータをどのくらい使うのか分かっていないということでとりあえず選んでいるケースがあります。無制限プランが必要なほどデータを利用していない人が無制限プランを利用しているために、そういう人は正直言って損をしていると言えます。

普通動画を見ている場合は1時間で200MB程度はデータを使っているわけですので、動画をよく見ている人に関して言えば無制限プランを検討するのもいいかもしれません。
格安スマホ 端末代

本当に必要なのか見極める

無制限で通信ができるプランはデータの使用料に制限がありませんので、確かにどのくらい使っているのかわからない人にとっては選びがちなプランなのですが、通信速度の低下や必要なデータ量、使用目的などにも考慮をする必要が出てきます。

どう選ぶべき?格安スマホの料金プラン

新たに格安スマホを契約する時、最も悩むのが料金プランでしょう。現在は様々なMVNOがあり、プランのバリエーションも増えています。しかし、どういった基準で料金プランを選ぶべきでしょうか?

格安スマホの料金プランは数え切れないほどあります。データ通信専用なら数百円から、通話プランでも千円台から利用できますが、プラン選びで悩む方もいらっしゃると思います。格安スマホの料金プランを選ぶ際は、まず使用目的を決め、データ通信量をチェックすることが大切です。

料金プランは使用目的に合わせて選ぼう

格安スマホを契約する目的は人それぞれだと思います。しかし、もっとも重要なポイントは、利用目的を明確にすることです。それに合わせて適した料金プランも変わりますので、何をメインに使うか検討してみましょう。

例えばネット専用端末として使うなら、データ通信専用プランで十分でしょう。反対に電話も使いたいのであれば、通話プランを選ぶ必要があります。また、SMSのみ利用したいなら、データ通信とSMSのプランが候補になります。

このように、目的を考えて選ぶことが大切です。最初に通話やSMSの有無を考慮すると良いでしょう。

■さらに詳しい料金プランを解説しているサイトを見つけました。格安SIMや格安スマホの役立つ情報をご覧ください(URL:https://xn--sim-g73b1ca2iwb1lpwwl9a1020kea3789bfa.com/)

格安スマホはデータ通信量が大事

格安スマホの利用目的が決まったら、次に必要なデータ通信量を考えてみましょう。各MVNOの最安プランは料金が安い反面、データ通信量は少なめです。大体1GB程度ですが、これでは足りない方もいらっしゃるでしょう。

もし毎日動画を楽しみたいなら大容量プランが必要です。場合によっては10GB以上は必須になるでしょう。単に二台目の端末にしたり、電話を受けたりするのみであれば、データ通信量は1GBでも十分です。必要なデータ通信量は人それぞれですので、普段の通信量をチェックしてみることをおすすめします。

乗り換え手続きが大変そうに思えますが、【格安スマホへ乗り換える方法】は決して難しくありません。料金プランが豊富なため、自分に適したものが見つかるでしょう。ただし、MNPの手数料などがかかる場合もあります。事前に乗り換え費用を計算してみると良いでしょう。

格安スマホやSimに関して詳しい書籍や料金に関して書いているサイトをご紹介します
一度ご確認ください
格安SIMがよくわかる書籍
通話料金の課題と解決

PR
緊急でお金が必要な時などありませんか?
https://おすすめ現金化口コミ.net/
そんな時にお役に立てます